業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

造園業とお花屋さんはどう違いますか?

お花が大好きで、特にバラが好きな祖母。家の庭の一角をバラ園みたいな感じにしたいと言っています。田舎なので家も庭も広く、スペースは十分あります。一番育ちやすく、リビングからよく見える場所がいいかなと話しています。バラのことに詳しく、うちの庭の土があっているかなども見て頂き、今後の手入れもご相談できるような所にお願いしたいと思っています。お花のことなのでお花屋さんに頼むべきなのか、庭のことなので、ガーデニングを主とするところにお願いするのがいいのか、造園業と呼ばれている所なのか、どこへ依頼すればよいか悩んでいます。アドバイスを頂けると助かります。

回答

造園空間を施工する業種と切り花を販売する業種の差です


バラは熱狂的なファンの多い花で、ご自宅にバラの風景を取り入れるとエレガントで上品な演出が出来上がります。ガーデンと言えるスペースがなくても、つるバラを壁面やフェンスアーチなどに立体的に這わせても叙情的で美しく、お住いをより魅力的にしてくれます。バラの園芸をご自身でされる方も沢山いらっしゃいますが、実は想像以上に体力と時間を要します。土壌改良や剪定、病害虫の防除などご自身では難しい、自信がない、と言う方は専門の業者に依頼されることをおススメします。普段の管理の仕方は専門家から教えて頂き、ご自身で出来るお手入れを楽しまれるとよいでしょう。
では、バラの栽培をどこへ依頼すればよいかについてお話を進めましょう。お花屋さんは切り花を販売するお店ですので、バラの切り花を販売しています。栽培は致しません。ガーデニングも行っている花屋さんがあれば相談することが出来るでしょう。樹木や草花の知識が豊富な造園屋さんへ依頼するのが一般的です。
バラを専門にしたガーデニング業者は多いため、探すのは難しくありません。バラは年間を通した管理が必要ですので、業者に依頼する場合はなるべく近場で探される方が出張費がかからない分、コスト安に繋がりますし、何かあった時にも心強いです。
バラを育てるのは初めての方でも心配なく任せられ、お子さんやペットがいるご家庭でも安全なトゲのない、少ないバラの品種や病害虫の防除に使う薬剤も配慮してくれます。また、バラのジャムやローズヒップティーなどをご自宅で楽しみたい方には食用のバラの品種紹介し、無農薬で収穫できるガーデンづくりも出来るでしょう。
理想とされるガーデンづくりに専門家へ相談してみてください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク