業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

エクステリアの生け垣は重要ですか?

家の外構が殺風景なため、生け垣を設置しようと考えているのですが、これまでに生け垣について真剣に考えたことはなく、ほとんど知識も持っていないため、果たしてどういった生け垣を用意すればいいのか分からずに困っています。
そもそも、生け垣とはどういう役割を果たすものなのかよく分かっていないため、生け垣に関する基本的なことを教えてください。

回答

目隠しや防火、防風などの役割を果たします


生け垣の歴史は古く奈良時代から存在しており、昔ながらの雰囲気を好む人は今でも自宅に生け垣を設置しているケースがあり、洋風住宅に合わせた生け垣を使っているケースもあります。
生け垣にはさまざまな役割が存在しており、たとえば敷地の区切りとして機能することができ、ほかにも、目隠しや防火、防風といった役割も大きなものであり、実際に生け垣のおかげで災害の被害を抑えることができたケースもあるのです。
たとえば、防火の役割としては、生け垣が存在することによって、火災が発生したときに延焼を防ぐことができたケースもあるため、生け垣の機能については見直しが進んでおり、現代の住宅にとっても生け垣は重要なものであると認識されるようになっています。
生け垣については自治体によっては補助金を出しているケースがあり、生け垣によって緑のあふれるまちづくりに貢献することができるという考え方があるため、自分の住んでいる自治体に確認してみましょう。
生け垣のデメリットとしては落ち葉や消毒などをする必要があり、近所とトラブルになってしまうことがあるため、その点は注意をして生け垣を設置する必要があり、目隠しとしての機能についても空き巣犯の姿を隠してしまうデメリットがあるため気をつけましょう。
生け垣として使われる植物はたくさんあり、たとえばレッドロビンという春になると赤く染まる植物が使われることがあり、ほかにはプリペットやシルバープリペット、アベリアといった植物も生け垣として人気が高いです。
生け垣というと隙間なくきっちりと植物を植えて面を借り揃えるというイメージがあるのですが、実際にはちょっとしたスペースに花壇を置くような感覚で植えるといケースもあり、簡易的な生け垣を取り入れることもできます。
おしゃれな生け垣をつくってほしいという需要は多くあり、そのような期待に造園業者はしっかりと応えてくれるため、生け垣をほしいと思っている人は、業者に気軽に相談してみましょう。
それぞれの希望を伝えることによって、そのイメージを実現するための植物を選び、生け垣のデザインをしてもらえるのです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク