業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

庭の手入れはどんな業者に依頼すればよいですか?

先日の強い台風により、庭の植木が倒れてしまい、鉢や植木がダメになってしまいました。また、木が倒れたり、枝が折れたりとすっかり荒れ果てています。自分たちで片付けをしたのですが、樹木に関してはどのように対処していいか分かりません。親から受け継いだ古い日本家屋とよく言えば日本庭園風の庭です。池があるのですが、木の枝や葉っぱ、飛ばされた石や土などでひどいことになっています。以前はお世話になっていた職人さんにお手入れをして頂いてたのですが、廃業されてしまったため頼れるところがありません。定期的なメンテナンスもお願いできるお庭の業者さんがあれば教えて下さい。

回答

庭造りのプロである造園工の方へ頼まれるとよいでしょう


造園工の方の仕事は植木を植える植栽、植木を剪定すること、庭を造ること(造園)など様々です。個人宅から料亭、ホテルや旅館などの庭づくりや手入れを行う仕事です。造園は樹木の取扱いだけでなく、石据え、垣根の製作、植栽で構成される日本庭園から花壇を作りハーブなどを植える洋風庭園づくりもあります。バラ園なども入ります。天然石を使用した石積み、滝や池を造る仕事も行います。業務内容が幅広く、木や植物、花にまで至る知識と、それを植える土地の特徴、季節ごとの手入れなどあらゆる情報と経験が必要な職人の仕事です。体力を要する仕事でもあります。
最近は個人宅のスペースが狭く、庭を造る仕事は激減しているのが現実で、腕のいい職人さんがが廃業せざるを得ない危機に瀕しています。中には建設会社の下請けとして造園を行っている業者もあり、益々、造園工になりたいという人が減るのではないかと言われています。巧みな技や経験が継承されていけるよう政府が対処してくれることを願います。
さて、造園業をされているところでは保証期間を設けている所も多く、工事後も施工箇所のアフターフォローが約束されます。樹木は植栽後の管理が重要ですので、定期的な巡回訪問やアドバイスを受けることが出来ます。年間を通して庭の管理をお願いしたい場合は年間管理の相談をしてみましょう。植栽の管理の他、外構まわりの補修なども対応してくれる場合があります。
何より、常に相談できる造園工がいることでご自宅の庭のクオリティが維持されることでしょう。貴重な日本庭園風のお庭を是非美しく維持されてください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク