業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年12月18日 [FAQ]

ハウスメーカーにエクステリアを丸投げしても大丈夫なの?

結婚当初から、いつかは自分たちの家を建てることを目標に、夫婦共働きで貯蓄に励んできました。
敢えて子どもを作る時期も送らせた甲斐もあって、予定よりも早く目標額も貯まり、妊活を始めるとすぐにお腹の中に生命が誕生していることも分かり、現在家の建設に向けて準備を進めているところです。
すでにいろいろな会社の住宅展示場や完成見学会にも参加して、地元のハウスメーカーと打ち合わせを進めているのですが、庭に凝りたいなら、エクステリアだけはハウスメーカーではなく専門業者に依頼した方がいいとの助言を、家に詳しい友人からもらいました。
すでに借入先の銀行には、ハウスメーカーから出してもらった見積書を提出して住宅ローンの審査をしてもらっているので、その提案に乗ることは難しいかもしれないのですが、エクステリア工事は、ハウスメーカーに任せて大丈夫でしょうか?


予算とデザインと保証を考えて依頼先を決めましょう。


もちろん、ハウスメーカーが提案してくれるエクステリアのプランに満足いっている場合は、工事を任せて大丈夫です。
ただし、自分の希望を伝えても上手く話が伝わらない場合や、費用面でも不安があるなら、すでに住宅ローンの審査を受けているとしても、専門業者の話も聞いてみることをおすすめします。
予算的なことで言えば、確かにトータルで見積りを出してもらった方が、総工費も分かりやすいですし、ローンの計画も立てやすくなりますが、土地と建物が別々のように、複数の見積書を提出するとしても、きちんと総工費が明確になっていれば、銀行側としてもそこを問題視することはありません。
それに、ハウスメーカーにエクステリア工事を任せた場合は、確実に中間マージンを徴収される分、コスト面では直接専門業者に任せた方がいいでしょう。
デザイン的な面から考えると、ハウスメーカーの場合は、建物と色合いや素材などの調和が取れるメリットがあり、特にオリジナルの商材を使用している場合は、他社には真似できない仕上がりを期待できます。
ただし、そうでないでない場合は、専門業者の方がデザインやセンスに優れているケースが多いと言えます。
他には保証面に注目する必要があり、ハウスメーカーだと、エクステリアも含めてトータル的な保証を受けられるメリットがありますが、エクステア業者でも、メーカー保証や独自の保証を設けている場合も多いため、その内容をしっかり確認する必要があります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク