業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

エクステリア工事で植栽を多用する際の注意点は?

今度古い実家をリフォームして、長男である私と妻と子ども二人と両親で一緒に暮らすこともなりました。
実家は祖父が建てたのですが、庭は広いのですが私も妻も母もあまり好んでいない日本庭園で、これまでは父が定期的に庭のお手入れをしていたのですが、3年前に癌が見つかり手術で癌は取り去ることができたのですが、それ以来庭のお手入れができなくなって、現在は庭がかなり荒れ果てた状態になっているので、この機会に庭のリフォームもしようということになりました。
日本庭園は好きではありませんが、妻も母も緑がたくさんある洋風の庭にしたいと言っていて、できるだけ植栽を多く植えたいというので、エクステリアのリフォーム工事の経験も豊富な造園業者に依頼したいと考えています。
父はこれまで車を運転していましたが、最近は高齢ドライバーの事故も多いし、妻も車を運転するので、今度からは私たちが両親の足代わりになることを申し出て、一緒に住むようになったら運転免許を返納するように約束してもらいました。
妻と私の2台分の駐車場が必要で、その他には前から憧れていたウッドデッキを設けて欲しいと思っているのですが、駐車場とウッドデッキを設置する際の注意点も含めて、エクステリア工事で植栽を多用する際の注意点があれば教えてください。


回答

植栽は量よりも質にこだわることをおすすめします。


まず駐車場に関してですが、高齢のご両親がいらっしゃるということですが、転ばないように勾配には注意して工事をすすめてください。
水はけを重視して駐車場をつくることがありますが、家族構成をきちんと伝えて、安全第一を考えましょう。
ウッドデッキに関しては、十分な予算があれば問題ありませんが、そうでない場合はそれなりの費用がかかりますので、本当に必要なのか工事の前にもう一度きちんと考えてみることをおすすめします。
植栽を多用する場合は、道路や隣地に枝がはみ出ることのないように、十分に注意して配置することが重要なポイントで、植栽の配置で庭の雰囲気もかなり違ってくるため、これまでの施工実績をしっかり確認して、自分の好みにあったセンスの良い業者に工事を依頼しましょう。
植栽自体もその他に使用する商品も、値段が安ければ品質も落ちますので、あまり数を欲張らないで、多少量が少なくても質にこだわることを推奨します。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク