業者選びに役に立つ造園・エクステリアに関連した業者をご紹介します。

造園業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年04月23日 [FAQ]

ガラス張りのサンルームを作って欲しい。

私には子供の頃からの憧れがあります。全体がガラス張りになったサンルームです。
グランドピアノが置いてあったり、書斎になっていたり、寝転がれるソファがおいてあったりと、使用目的は人によっていろいろだと思うのですが、一軒家の庭先に突き出したような形で作られているものです。
日本のように地震が多いとガラス張りというのはなかなか難しいのかなと思ってきました。
しかし、最近では巨大なオフィスビルなどでもガラス張りのものが増えてきていますよね。
新しいビルであれば当然、耐震性能も基準をクリアしているのでしょう。
自宅に設置するガラス張りのサンルームは今は現実的になってきているでしょうか。


回答

サンルームにも種類があります


冬場でも日光を有効活用したい・陽の光を浴びたいということでサンルームは根強い人気があります。近年では設置のバリエーションも増えてきました。
地震対策ですが、現在ではすべてガラス張りではなく、部分的にポリカーボネート素材を使うなど、万一の被害対策もしっかり施されています。
また窓やガラス戸の設置方法に関しても以前に比べると選択肢が増えています。
庭に大きく張り出すタイプのサンルームをご希望であれば、「テラス囲みタイプ」のものがオススメです。土台をきちんと構築する必要がありますが、オーダーメードのような形で、充分な大きさの充実したサンルームを設けることができます。
オプションを追加すれば、収納可能な物干しや日除け、LED照明なども取り付けることができます。
リフォーム費用を抑えたいのであれば、「ノーマルタイプ」のサンルームがおすすめです。こちらはある程度規格が決まっているものです。
拡張したいスペースに合わせてサイズの合うサンルームを設置していきます。予め完成されているものですので、場合によっては基礎工事も必要なくなり、費用を抑えることができます。
ちなみに、二階部分や上層階のベランダをサンルームにしたい場合は「バルコニータイプ」のサンルームもあります。これは既存の設備を使用して設置するので、工期を短縮することに繋がります。
以上のようにサンルームにもいくつかの種類があります。現状のお住いの状況によっても設置可能なサンルームには差が出てきます。まずは専門業者にご相談の上、どういった形のサンルームをご希望か、また設営可能かをご相談なさってはいかがでしょうか。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク